セラピールームwelfareうつぼ治療院 設立理念

食事写真

当院設立者は、幼い頃から活発で元気な子どもだった。スポーツ—中でも野球に心底のめり込み、小中学校では大阪市代表として活躍、高校で国体選抜に選出、将来を有望視された選手だった。しかし高校3年の時、全国大会大阪府予選準決勝で左膝と脛骨に大けがを負い、手術と約6カ月の入院で競技復帰は無理と診断された。
スポーツへの思いを断ち切れず、様々な治療を受けて必死に復帰を志したが、けがは完治しなかった。…

  • この出来事が、当院を設立する礎となりました。けがのために夢をあきらめた経験から、同じように道半ばで夢をあきらめるという残酷なことをなくすのが自分の使命と感じ、「どんなけがも治せる治療院を」と、設立しました。
    脚のけが・膝のけが・手のけが・腰のけが…、様々な患者さんのけがに合った治療法のある治療院、同じような脚のけがでも一番効果のある治療法を提供できる治療院を目指します。いわゆる“治療法の宝庫”です。それが、患者さんが治癒と夢をあきらめずに進んでいけることにつながると信じております。
    「けがをして、夢破れそうな人を助けたい」
    いろいろな所に行っても治らないと宣告された人を助けます。

  • 論文 (welfareうつぼ治療院 設立者の学生時代の卒業論文より)

  • 『柔道整復師の見た投球障害』

    第2柔整学科3年 学籍番号1996618 金園和彦 指導教員:角谷先生

  • 序論

     我々、柔道整復師の立場は歴史の中で、常に患者さんや地域と密接な関係を保ち、ケガの治療にとどまらず、健康や体力の維持向上に対する指導や、柔道を中心としたスポーツの技術研究や選手の育成などにより、文化やスポーツの発展に寄与してまいりました。
     近年では、医学や科学の発達、医療関係以外でのスポーツ関係者が行う技術研究や、マスメディアやインターネットなどを利用した諸外国からの情報などにより、患者さんや各スポーツでの選手や指導者が、スポーツ医学や治療方法などに対して、高い知識や情報を得やすくなってきているようです。そんな社会情勢に対して、我々も必要な知識の習得や研究を続け、患者さんとのより強い信頼関係を構築できればと考えます。
     そこで今回は、国民的に最も人気が高く、各年代での競技人口も多い野球に着目をし、その投球動作を技術的な側面からではなく、骨格や筋肉の構造や働きから研究し、肩関節(特に回旋腱板)の障害を起こし難い、投球フォームの確立を目的としました。

  • 方法

     障害を起こし難い理想的なフォームで投球するには、色々な要素を必要とすることは、私がお話するまでもありませんが、今回は各選手の才能や経験・精神的な要素などが、その結果に反映しないことを前提に、スポーツ医学的に解かりうる範囲で、投球動作を研究しようとするものです。フォーム全体の動きを同時に解明しようとしましたが、研究範囲が広くなり着目点が解かり難くなってしまいました。そこで研究方法として、下記の5つのテーマに分けて研究をしました。

    ①肩甲帯肩関節・肘関節・腕関節の運動
    ②体幹の回旋運動
    ③下半身の運動
    ④少年期における、脳。神経系の発達とフォーム作り。
    ⑤筋力とスピード

  • 結果

     投球動作は、下半身の強い筋肉が体全体を投球方向に、移動させようとする力により、体幹部が回旋され、肩・肘・手首の順に加速されボールを投げ出す力が生まれることは公知の事実です。①〜③でこれを研究しました。

  • 1.肩甲帯肩関節・肘関節・手関節の運動

     肩や上肢帯ではボールを投げるための運動エネルギーがどこで作られ、どのように指先からボールに伝えられるのかを、筋肉と関節の運動から考えてみました。(注、今回はあくまで、オーバースローとして)
     先ず、投球動作の開始(テークバック)での肩甲帯を含む肩関節を軸とした上肢の運動を、肘関節を伸展した状態から開始するもの(図1)と、肘関節を成るべく体幹部から離さず早い段階で屈曲するように動作を開始するもの(図2)との2つの動作を、対比検証してみました。
     オーバースローでボールを投げるには、どの様な形でバックスイングを開始しても肩関節を最大外転外旋位まで、引き上げ腕を加速(アクセラレーション)させる準備が必要となります。
     次の(図3)は肘関節を伸展ぎみで肩関節を最大外転外旋位をとろうとしている図です。
     最大外転を完成するには先ず肩甲骨を僧帽筋などにより引き上げ、棘上筋と三角筋により肩甲上腕関節が外転に働き肩の外転が完成するわけですが、肩関節の運動を始める時に腕が伸びていると、ボールを持つ指先が運動の支点となる肩関節からの距離があるため、その支点を保持するために、運動開始以前に棘上筋や三角筋が軽度に緊張し、肩甲骨のスムーズな外方回旋がしにくく、投球に理想とされる最大外転外旋位まで肩関節を引き上げずに投球するケースが多くなります。さらに肩甲骨の動きが小さいため、肩甲上腕関節や肩峰下部に大きな負荷と運動が強制され、腱板損傷などの障害を発生する確率が高まると思われます。また、運動エネルギーを作る上でも、腕が伸びた状態の方が遠心力を利用でき有利なようですが、テークバックから投げ出す方向に運動を切りかえる時点では、ボールを持つ手が運動の支点(肩)からの距離が遠いほど初動のエネルギーを多く必要とします。さらに肩関節が最大外転外旋位に上がり肘関節を屈曲した状態から、肩甲骨を引き下ろす動作により腕を加速させ、肘関節が強く伸展しボールを投げ出すわけですから、この肩甲骨周辺の筋肉を有効に使うにも腕を伸ばした状態からのバックスイングは、不利となります。
     それに対して、肘関節を屈曲してテークバックを開始する動作では、僧帽筋や三角筋・棘上筋などが緊張せず、肩甲骨をスムーズに回旋しやすく、ボールを持つ手も運動の支点から近く、運動の初動エネルギーが小さくてすみ肩甲上腕関節の外転外旋運動も負担の少ない動作で行うことができます。その結果肩甲骨を引き下ろす広背筋や大円筋・前鋸筋などの運動が大きく、ボールを投げ出すための運動エネルギーも大きく作りだせるものと考えられます。
     次の(図4)と(図5)はその肩甲骨の運動の違いを示したものです。(図④)は腕を伸ばしたテークバックから始動し、肘関節がたたまれ加速期に入りかけている様子です。
     一見綺麗なバランスの良いフォームに見えますが、肩甲骨の回旋が少なく、エネルギーを生み出す広背筋や大円筋などが運動の準備をしていないことが解ります。さらに三角筋や上腕二頭筋が緊張し腕の加速を不利にしています。
     次は意図的に肩甲骨を回旋させた様子です。一連の投球動作の中でこの状態を静止画で表現し難いため、特別な形をとり筋肉の働きを示そうとしたものです。
    この形では、広背筋や大円筋・前鋸筋などが投球エネルギーを生む肩甲骨の内転運動を開始する準備ができ、上腕の筋肉が肘関節を伸展する準備ができていることが、各筋肉の緊張などでわかると思います。
     次に前腕と手関節の動きについて検証します。前腕を回内で手関節を背屈したもの(図6)と、前腕を回外か中間位で手関節も中間位か、やや掌屈したもの(図7)を対比してみました。
     この前腕を回内した準備動作(図6)では、すでに前腕は回内という運動を行っており、この動作の後に腕が加速されボールをリリースする時点での前腕の回内運動が利用できにくい、それに対して前腕を回外した準備動作(図7)では、前腕の回旋を利用しやすい。また、回内をした状態は、肘関節の内側が外反強制されやすく内側側副靭帯や上腕骨内側上頼部などの障害を発生しやすくなると考えられます。さらに技術的にも前腕が回内状態では、肘関節は屈曲しにくく、それに伴ない肩関節の最大外転外旋位を取る動作も、スムーズに行いにくくなるようです。この前腕を回外位か中間位で、手関節及び各指関節の屈筋に必要以上の緊張や動作を強制しないため、肘関節をストレスなく屈曲できること、それにより上腕の筋肉が必要以上に緊張をせず、肩甲帯の大きな動きを作りやすくすることにも貢献しています。また、この手関節を掌屈し回外から回内に手を振る動作の方が、手関節を背屈から掌屈させる動作よりも、指先の運動範囲も広く、ボールをリリースした後も手関節は中間位のまま前腕が第5指方向に回内して行きますので、運動エネルギーを発生している筋肉だけでなく、拮抗的に働く筋肉にもブレーキ的なエネルギーがかかりにくく、肘や前腕の障害の予防にもつながると思います。補足説明として実際に投手達のテークバックの初期動作では、前腕をやや回内しながら、肩甲骨の回旋に引かれる様に肘関節を引き上げる動作をし、一連の動作の中で回外位か中間位まで回旋を戻し加速期リリースと再び回内し、前腕の回旋運動も投球に必要なエネルギーをより有効に、発生させようとしている選手が多いようです。次の(図A)はその動きを簡単に図式化したものです。例が的確かどうか不安ではありますが、ダーツというゲームの矢を投げる時の腕の運動や、体温計を振る動作などが解かりやすく類似した動作です。
     この様に肩・肘・手の運動を検証してみた結果としては、投球動作の始動は肘関節を屈曲しながら開始し、肩甲骨の回旋を充分に行い、それに連動するように肩関節を最大外転位外旋位まで引き上げ、肘関節を前腕中間位で屈曲し手関節は掌屈し、投球エネルギーを肩甲骨周辺の筋力で準備し、この肩甲骨を引き下げる動作で、肩関節を内転し肘関節を投球方向に加速させ、その加速エネルギーにより肘関節が伸展され、さらに強く手関節を加速し指先に大きな運動エネルギーが伝わり、ボールがリリースされる。投げ終った肩関節は軽度の内旋位となり、インナーマッスルも含め肩関節の運動に関与する筋肉が必要以上の緊張をすることもなく、減速期やフォロースルーにおいても肩関節の上方・後方部の障害に対する予防動作にもなり、肘関節も軽度に屈曲し、外反ストレスも少なく、野球肘の内側型・外側型共にその原因となるストレスが軽減できるものと思われます。

  • 2.体幹の回旋運動

     体幹部の運動では考え方として、脊椎を積極的に背屈させる場合と、背屈動作よりも回旋運動を意識的に行う場合に別け検証してみました。結論としては、(図⑧)の様に腕や肩がテークバックを開始すると同時に、体幹部も下半身(骨盤)に対してテークバック方向(右投げの場合は右側)に回旋運動を開始した方が、肩や腕の投球準備動作がスムーズに行いやすく、体幹で作られる回旋運動(投球エネルギー)を、生む広背筋・外腹斜筋・内腹斜筋・中小殿筋などが、その運動準備動作として行えると考えられます。さらに下半身との関係を考えないと仮定した場合、(図1)で説明した肩や腕の動作を起こす上で、この体幹の回旋動作も一連の関連動作として行った方が、より有効だとも考えられます。

  • 3.下半身の運動

     下半身の運動についても、多くの関節や筋肉が様々な動作で投球に対して影響をしていますが、今回の論文では概略的な説明にとどめます。下半身の一番の役目は体重を投球動作方向に移動させることによりその運動エネルギーを発生させることにあります。また、その自ら発生させたエネルギーが体幹部と肩や腕が作るエネルギーとプラスされ大きな投球エネルギーとなってからは、そのエネルギーが有効に指先に伝わるように、リリースの瞬間には左側の下半身が運動の支点となることは公知の事実です。そのためには右下半身で準備運動をし、できるだけ骨盤が投球方向に向かないように、横にスライドをするようなイメージで下半身の運動を開始し、これまでに説明をしました、体幹の回旋と肩と腕の動作がスムーズに行えるような下半身の運動をする必要があります。さらに腕の加速期からリリースの瞬間まで、その上半身が有効に力強くスピーディーに運動するためにも、下半身がその運動全体の安定した支点となる力が強いほど有利な投球動作が行えるものと考えます。

  • 4.少年期における、脳・神経系の発育とフォーム作り

     人間の成長が各器官ごとに、そのペースに違いがあることは、研究者により解明をされています。脳や神経系は小学生までの間に急激に発育すると言われています。そのためボールをどの様に投げることが良いのかを、脳や神経系が憶え、体に伝えることができる能力も、この少年期にできあがるものと考えられます。しかし、子供達には大人のような強い筋力を持ち合わせていないため、指導せずに速いボールを投げさせようとすると、今までに説明をした動作ではなく、投球動作の始めから腕を伸展し体幹部を反らし、できるだけ大きな遠心力と体重を利用して投球しようとします。さらに多くの選手がこの少年期に憶えたフォームで投球していることが大半で、その後の成長過程で、そのフォームの改善を必要とした際に、脳や神経系に新たな動作を憶えさせることが難しく、思うように活躍できない選手が増える事になります。そこで、この少年期の子供達には「強くて遠くにボールが投げられることよりも、体の構造上で負担の少ない肩や肘の使い方を憶えておけば、将来体格が成長し筋力が高まれば強いボールが投げられるようになるので、今は強いボールが投げられなくても大丈夫だと」理解させておく必要があると思います。さらに補足するならば、野球に限らず球技系のスポーツの試合を想定すると、そのスポーツに必要な基本的動作に加え、転がる・物を飛び越す・避ける・動きと自分の運動スピードを同調させる・走りながらボールを投げる・など様々な動作を要求されます。そのためこの時期の子供達には1つの運動やスポーツを年間を通じて行わせることを避け、多種目の運動を幅広く体験しておく必要があることも指導できればと考えます。

  • 5.筋力とスピード

     投球フォームの研究も重要ですが、実際のスポーツの現場や試合等での成績においては、体格や筋力が大きく影響していることは言うまでもありません。施術を通じてその回復や予防を指導する時に、投球技術の指導と併せて筋力の強化を指導して行くことが現実には、有効な方法だと思います。また、学生を含めた選手達が施設・指導者・練習時間など最も不足しているのがウエイトトレーニングを中心とした筋力トレーニングのようです。さらに、偏った考え方をすれば、各選手が経験をする各種のスポーツ障害は、ある意味で求める動作の質的・時間的な強さと量が筋力的に不足をしているために引き起こされていると言っても過言ではないと思います。特に肩関節に関わる障害はローテータカフを中心としたインナーマッスルとアウターマッスルの強化をバランス良く行うことと、ここまで説明をさせていただいたような肩甲骨と肩甲上腕関節の運動が投球時に有効に利用されるように、その動作を引き起こす筋肉の筋力が必要不可欠となります。

  • まとめ

     投球動作を含め、人間の行う動作は全身の筋肉や関節などが、脳神経系の指示により複雑に影響し合い活動しています。その動作を紙面上で上手く表現できたか不安ではあります。また、この考え方そのものが、賛否両論であることも事実でありますので、皆様のご批判やアドバイスをいただき研究を続け、我々柔道整復師の特徴でもあります治療や指導の現場を有効に利用し、独自の指導法を考えていきたいと思います。

ページトップへもどる

お問い合わせ

06-6441-7891
住所
大阪市西区靭本町3-3-3
サウザント岡崎橋ビル3F
 
診療時間
午前9:30~午後7:30
(水曜~午後2:00、
 土曜~午後1:00)
休診
日曜・祝日

※予約優先制です。
ご希望の時間と施術スタッフをお申し付けください。 ただし、ご予約いただいた時間を10分以上過ぎると、順番が前後する場合がございます
© 2013 utsubo chiryoin. All rights reserved.